ヒアルロン酸サプリメントのいろは

ヒアルロン酸サプリはオーガニックの方が良いのか

有機野菜
現在は口に入れる食品を製造、販売している業者には必ず添加物等が含まれているかどうかを記載する義務があります。その目的としては、その食品に含まれているものを表示することで消費者がその内容を理解し、判断のうえで選ぶためです。食品の持ちが良くなる等のメリットや体に悪そうなどのデメリットをもちながらも様々な添加物が使われている商品が販売されています。きちんと表示することで選ぶ側が判断している世の中なのです。

ヒアルロン酸のサプリメントでも同様に表示義務があります。ヒアルロン酸を使用した化粧品などの中にもオーガニックをウリにしている商品はたくさんあります。しかし、サプリメント、つまり錠剤として摂取する場合100%オーガニックはありえません。必ず何らかの添加物が含まれています。その理由はヒアルロン酸の形態にあります。純粋なヒアルロン酸は水分を加えるとプルプルのプリン、もしくはゼリー状になる、ワタのようなものです。このワタのようなものを固形化することは非常に難しく、他の粉類や薬品類を混ぜることで固形化する必要があるのです。しかし、ヒアルロン酸に限っていえば主成分の性質上何らかの物質を混ぜる、つまり添加しなければ錠剤化が難しいという事で、添加物が天然成分から取れたものであればオーガニックサプリメントとして認められています。

物にもよるので一概にはいえませんが、基本的には無添加商品のほうが安全だとされています。無添加かどうかは、本当に必要なものだけで作られているかで決まります。天然の状態から比較して、色や味、香りをごまかしたり、長持ちするように何らかの物質を添付したりすることは本当に必要なものではありません。そういった目的で添加されれ物質は基本的には国の安全基準を満たしたものですが、世界的に見れば日本の安全基準は緩い方です。そういった意味でも口にするのも、かつ健康のために口にするものは、可能な限り無添加なものを口にするようにしましょう。

ヒアルロン酸サプリが関節に効く理由

関節とは、骨と骨のつなぎ目にあたる部分のことを指します。基本的に人の身体は骨で繋がれ、その周囲を筋肉と脂肪が覆っていますが、よく動くところには必ずひじ、ひざ、股関節等の関節があります。ではなぜスムーズに動くのか。そこにはヒアルロン酸が関係しています。骨と骨を結合する役割をするのは「靭帯」という筋肉です。その筋肉の動きにより関節部分の骨は複雑に動くことができます。それと同時に骨もスムーズに動くような仕組みがあります。結合部分の骨は軟骨に覆われていて、その軟骨の成分のひとつに「滑膜」というものがあります。滑膜とは軟骨の骨の内側の部分にある膜のことで、その部分から少量の液体が出ています。その液体が骨をスムーズに動かす潤滑油のような役割をしているのです。そしてその潤滑油の成分がヒアルロン酸なのです。

ひざやひじの痛みを感じたことがある、という人は多くいます。痛みの原因にもよりますが、よくある症例として「変形性関節症」というものがあります。これは先ほど述べた潤滑油が減少することで骨と骨の結合部分のお互いの骨の先端にある軟骨同士が直接こすれてしまうことで痛みが発生する症状です。人の骨は人間が生活する際に発生するとても多くの力を受け止めています。かかっている負荷ははかりしれないもので、硬い骨がこすれあう際に発生する痛みは強烈なのです。

では、どうすれば痛みを改善できるのか。サプリメントなどで潤滑油の主成分であるヒアルロン酸を体内に補充することで、滑膜の骨液を補充することができます。またそれだけでなく、ヒアルロン酸は骨の先端を覆う軟骨を作りだす成分にもなっています。潤滑油の役割と軟骨の役割を一度の補充できる優れた成分なのです。ただし、ただ1回飲めば効果が出るというものではありません。ヒアルロン酸はもともと体内で持っている成分ですが、自身で増やすことができず口から摂取する必要があります。しかし骨は常に使っているので摂取と同時に摩耗も進んでいます。継続的に取り入れることが改善を見込むことができます。

海外製のヒアルロン酸サプリメントは本当に良いのか

日本と海外ではサプリメントに対する考え方が少し違います。近年の日本でもサプリメントの使用はとても浸透してきています。しかし海外、特にアメリカではもうずっと前から浸透し、今では生活の一部になっています。その理由はサプリメントが食品として幅広く認識されているためです。日本ではまだまだ薬の印象が強いですが、栄養バランスを補助する食品という役割で認知されており、法制度や食品の承認制度が整えられているため安心感もあります。それだけでなく、医療に対する考え方もあります。日本のように健康保険制度が国民に浸透しておらずアメリカの医療費はとても高額です。体調が少し悪いくらいで病院に行くこともできず、積極的に病院に行かないでいいように予防に取り組んでいます。その予防のひとつの方法がサプリメントなのです。

「口にするものは国産が安全だ。」という考え方は日本に根強く残ります。食品や農薬等の薬剤に対する安全基準を異なり、おおかた日本の基準は制度が高いものです。しかし、アメリカのサプリメントの品質基準は世界一厳しいとも言われています。また日本とは違い、アメリカでは全成分表記が基本とされており消費者は成分表示をきちんと確認したうえで選択しているのでアメリカ市場に出回り人気が高い商品は高い品質基準をクリアし、高い意識を持つ消費者に選ばれているので安全性も期待できます。

海外でも美容や健康に有効だと着目されているヒアルロン酸は多くサプリメントとして取り入れられています。そして多くの人はそれを継続的に続けています。理由は、食材から摂取することが難しいが人にとって必要な成分であるために、栄養バランスを補助する食材として利用されているのです。また、ヒアルロン酸はハリウッドセレブ等も利用している「飲むコスメ」としても人気があります。その保水力の高さから美肌効果などの美容効果は著しく、積極的に日々の生活に取り入れられています。このようにサプリメントを日常使いする海外を参考に商品を選択するのも良い方法です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ