ヒアルロン酸サプリの摂取量の目安

肌ケアを考える女性
ヒアルロン酸のサプリメントは、美容や健康に非常に効果があり、たくさん市販されています。ヒアルロン酸は、生まれながらに備わっている原料を合成することで作りだしています。つまり新たに体内で作りだすことはできないので、不足すると体外より摂取するしかありません。そしてサプリメントを摂取する場合において、その摂取量は国や行政、専門機関によって具体的に定められていません。研究機関や製造、販売元の研究によっていくつかの考え方や指針が発表されていますが、現状では正式に定まっていない状況です。ただし、過剰摂取をしすぎてしまうと先ほどいった体内で行われている「合成」活動の機能が低下するとの報告もあり、注意が必要です。

では、どれくらいサプリメントを摂取すべきかはそのメーカーや製品の方針に従うに他ありません。そもそも生まれながらに備わっているものを体内で合成して作られているのがヒアルロン酸です。その生まれながらに備わっているものや、合成のスピードはもちろん個人によって異なります。原料がどれだけ残っているかは20歳と60歳の人で比較するとその差は安易に想像でき、年齢や個人の状態によっても必要量は大きく変わってくるものだと想像できます。

またサプリメントを作るにあたってヒアルロン酸100%でできているものは存在しません。固形物ではないヒアルロン酸のかたちを固形に変換するだけで何らかの物質は加えられています。無添加と謳っているものも販売されていますが、それももちろん主成分100%というわけではなく、含まれている成分が全て無添加の安心なものであるということにすぎません。

具体的に摂取の目安とされている量は先ほども言った通り、いろいろな考え方があります。効果が出やすい量は1日あたり60mg~120mg だとか、皮膚の細胞を活性化させるために必要な量は1日30mg~50mgだとか、軟骨や骨の働きをよくするためにはもう少し量がいるとか諸説あります。しかしその量に関しても製品によって配合量は異なるので、やはりそれぞれの商品の摂取量目安を参考にするのが良さそうです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ